ミニカーの歴史

特に男性であれば、子どもの頃にミニカーで遊んだ思い出がある人は多いことでしょう。このミニカーは、ミニチュアカーの略語で、小さな自動車模型という意味となります。よく似たものとしては、プラモデルやラジコンカーなど走らせて遊ぶものもありますが、ミニカーは走らせることもできますが、眺めたり集めたりという楽しみ方もありました。

世界初のミニカーはアメリカ製のもので、国内産のミニカーが登場したのは、1970年代のことです。これを機に、ミニカー人気は一気に広がり、子どもだけでなく大人までも夢中にさせたものです。しかし、その後のオイルショックの影響で、各メーカーはミニカーにコストをかけられなくなり、粗悪なものが出回るようになりました。さらに倒産するメーカーも相次ぎ、ミニカーブームは密かに終焉を迎えたのです。

一時、影を潜めていたミニカーですが、1990年代以降はミニカー新時代とも言えるような新たなミニカーが登場してきました。それまでは主に子ども向けの商品開発をしてきたメーカーが、大人向けのコレクター商品を製造するようになったのです。もちろん、高価なものですが、質も高く、コレクターの心をくすぐるようなものが次々に販売されていきました。そして今、ミニカーはコレクターを中心に高値で取引されるほど、大人の間でも人気となっているのです。